スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週休2日制」って誰が作ったの? ヘンリー・フォードという人物。 [雑学]

entry_img_223.jpg


一般労働者にとって、日曜日または土曜日は非常に気の休まる日です。
7日間を月曜日~日曜日と区切る七曜は、江戸時代以前は日本に浸透せず、「週」という考えに沿って国民が生活し始めたのは、明治時代始めにグレゴリオ暦が導入されてからだと言われています。

ところでこの7日区切りの「週」という概念に、一般に言われる週末休みができたのはいつなのでしょうか? 日本でも官公庁やほとんど企業が「週休二日制」としていますが、この制度を作りそして広めたのは誰なのでしょうか?

>>続きを読む

スポンサーサイト

ちょっと昔の話。68年前の6月6日は、史上最大の上陸作戦が決行された日

entry_img_116.jpg


68年前、今でもよく伝えられている史上最大の上陸作戦が行われました。
ノルマンディー上陸作戦です。

「Operation Overlord」と呼ばれた本作戦は夜間の空挺部隊の降下から
始まり、上陸予定地への空爆、艦砲射撃、それに次いで歩兵及び機甲部隊の
敵前上陸へと進みました。
ドイツ軍の激しい抵抗により、このノルマンディー地方はおよそ二ヶ月もの間戦火に見舞われました。

次の動画は、そのOperation Overlordの様子を時系列順によくまとめてあります。


>>続きを読む

ちょっと昔の話 「戦争とハト」

entry_img_108.jpg


昔、鳩というのは最も速く情報を送る手段でした。いわゆる「伝書鳩」です。
ペルシア王が鳥を使って通信をしていたという記述が残っており、ギリシャではオリンピックの試合の知らせをいち早く伝えるために伝書鳩が使われていました。8世紀頃のフランスでは、伝書鳩は貴族だけが持てる権力の象徴でもありましたが、フランス革命後、一般の人々に広く利用され始めます。カエサルも、重要な知らせには伝書鳩を使ったそうです。

現在では、ハトは平和の象徴として日本でも広くイメージが定着していますが、かつてはありとあらゆる戦争で、伝書鳩が活躍していました。

>>続きを読む

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。