スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14秒で見るロシアの日常。 流石ロシアと言うべきなのか……

entry_img_109.jpg


ロシア、と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

人それぞれに思い浮かべることはあるかと思いますが、
こちらのたった14秒の動画が、「なるほど、これはロシアだ」
と感心されていました。

>>続きを読む

スポンサーサイト

ちょっと昔の話 「戦争とハト」

entry_img_108.jpg


昔、鳩というのは最も速く情報を送る手段でした。いわゆる「伝書鳩」です。
ペルシア王が鳥を使って通信をしていたという記述が残っており、ギリシャではオリンピックの試合の知らせをいち早く伝えるために伝書鳩が使われていました。8世紀頃のフランスでは、伝書鳩は貴族だけが持てる権力の象徴でもありましたが、フランス革命後、一般の人々に広く利用され始めます。カエサルも、重要な知らせには伝書鳩を使ったそうです。

現在では、ハトは平和の象徴として日本でも広くイメージが定着していますが、かつてはありとあらゆる戦争で、伝書鳩が活躍していました。

>>続きを読む

最近の凧ってこんなにすごい……。幻想的な動きで飛び回る。

entry_img_107.jpg


六つの帆を繋げたこちらのカイト
Steve Polanskyという方が自作し、あげているものだそうです。
彼は他にも多くのカイトを自作し、しばしば浜に出ては人々の目を楽し
ませているのだとか。

まるで生き物のように飛ぶカイトの動きをご覧ください。

>>続きを読む

「ついに宙に浮かぶベッドを作ったから見てくれ!」 お手製磁石ベッドの寝心地は?

entry_img_106.jpg


ハンモックなど、吊り下げ式の寝具は心地よい揺れを
与えてくれますが、磁石の反発力によって宙に浮かぶ
ベッドを作り上げた、という人物が海外フォーラムに現れました。

その制作過程をご覧ください。

>>続きを読む

弟が事故を起こしたので記念撮影しました。 思わず笑ってしまう一枚

entry_img_105.jpg


車での事故は時として重大な結果を招きます。
人命が失われてしまうような事故はとても看過できるものではありませんが、
やはりどんな事故にしても、次から気を付けるように、との戒めは必要でしょう。

こちらの家族は、ちょっとユーモアのある方法でそれを行いました。

>>続きを読む

どんなメニューも全て対応! 思わず欲しくなるコーヒーメーカー

entry_img_104.jpg


様々な種類のコーヒーメーカーが販売され、
一般の人々も気軽に楽しめるようになりましたが、
一口にコーヒーと言っても多くの種類、飲み方があります。

アメリカーノ、エスプレッソ、カフェオレ、モカチーノ、カフェラテ、
カプチーノ、マキアート――挙げればキリがありません。

どんな種類のモノも試したい、という方にはこちらがオススメかも……

>>続きを読む

英国で大量の「フクロウ」が放棄され問題に。 その原因とは?

entry_img_103.jpg


イギリスでちょっとした問題になっていることがあります。
ペットとして飼われていた「フクロウ」が、大量に放棄され
野生に帰っているというのです。

一体なぜそんなことが起きたのでしょうか?

>>続きを読む

この張り紙は全ての病院にないとダメだ! 病院の待合室にあった印象的な張り紙

entry_img_102.jpg


診察を受けに病院に行き、あまりにも長く待たされた、という経験はありませんか?
風邪などで苦しんでいると、時間の経過も遅く感じられ、
余計にイライラしてくるものです。

そんな時、こんな張り紙がしてあれば、少しは落ち着くことができるかもしれません。

>>続きを読む

スパイダーマンは人間として扱われるか? アメリカで起こった奇妙な裁判

entry_img_101.jpg


スパイダーマン、X-MEN、ファンタスティック・フォー。
これらのマンガは、アメリカの漫画出版会社、マーベル・コミックから出版され、
アメリカはもちろん、日本でも映画を通じて広くファンを作った作品たちです。

そして、なんといってもそのキャラクターたちの魅力は、人の姿をしながら
特殊な力を有するミュータントだというところでしょう。

これらの作品のアクションフィギュアも、マーベルのライセンスで販売されて
いるのですが、アメリカのちょっと奇妙な関税制度から、そのキャラクターについての
観点までもが問われてしまう裁判に発展しました。

>>続きを読む

地面すれすれを高速で滑空! 美しい風景とスリルを同時に楽しめるベースジャンプ

entry_img_100.jpg


崖やビルから飛び降り、パラシュートを使って降下するベースジャンプ
ですが、まるで動物のムササビのように滑空用の翼がついた、
ウィングスーツというものがあります。

空中を自在に滑空する姿をご覧ください。

>>続きを読む

1994年に起こった、歴史上もっとも不可思議なサッカーの試合。 バルバドス対グレナダ

entry_img_99.jpg


我々が普段目にするサッカーの試合では、勝者とはより多く“敵の”ゴールに
点を入れたチームであると考えます。そして、実際多くのチームが求めるものとは、
いかにそれを実行する能力において、相手より優れることができるか? というものでしょう。


1994年、シェル・カリビアン・カップという大会でのバルバドスVSグレナダの一戦。
この試合では、そんな全ての考え方がまるで逆転したかのような、不思議な出来事が起こりました。



>>続きを読む

「本人かと思ったよ」 ジョニー・デップにサインを求める一人の日本人ファンが話題に

entry_img_98.jpg


今月12日、アメリカの俳優ジョニー・デップが映画「ダーク・シャドウ」の
ジャパンプレミアに登場しました。

日本でも大変人気の彼ですが、ジョニー・デップが現れるとの
噂を聞きつけ、ファンの方々が成田空港に詰めかけました。
そこで撮影されたあるファンの姿が話題になっています。


(ちなみサムネイルにいる左側の人物は監督のティム・バートン)

>>続きを読む

コカ・コーラが発売されて126年。ビン入りコーラはこんな進化を遂げてきた。

entry_img_97.jpg


コカ・コーラはザ・コカ・コーラ カンパニーが販売し、
今もなお絶大な人気を誇るヒット商品ですが、既に販売
から100年以上の歴史があります。

最近は缶とペットボトルの流通で、コーラに限らずビン入りの
ジュースを見かけることが少なくなってきて悲しい限りですが、
昔から親しまれ続けてきたビン入りコカコーラの変遷をご覧ください。

>>続きを読む

外国人たちも不思議に感じた、日本の自殺の森。青木ケ原「富士の樹海」

entry_img_96.jpg


例年多くの人が自らの命を断つ富士の樹海。

この森について海外向けに紹介したドキュメントビデオ
がありましたので、海外の方のコメントと共にご紹介します。

>>続きを読む

降り積った雪をキャンバスに、美しい模様を描き続ける男。素晴らしい作品の数々

entry_img_95.png


世界には、少し変わった手法で作品を生み出し続ける人がいます。
降り積った新雪をキャンバスにして創り出された、美しい模様をご覧ください。

>>続きを読む

テレビのスイッチを入れる目的って、こういう時だよな? ちょっと納得してしまう画像 

entry_img_94.jpg


インターネットの普及と共に、次第にテレビを見なく
なってきた、という人もいるのではないでしょうか。

今や、私がテレビをつけるのはこういう目的になってしまった、という画像。

>>続きを読む

世界で最も長く続けられている実験とは? 恐ろしく忍耐の必要な実験

entry_img_93.jpg


古今東西、多くの実験が今まで行われてきました。
高い反応性を示す試薬であれば、その化学反応は一瞬のうちに行われ、
かたや数日フラスコを揺らし続けなければ効果の見られないものもあります。

今も行われている、最も長く続いている実験とは一体どのようなものでしょうか?

>>続きを読む

病室で最後の時間を過ごす女性。飼い猫との再会を果たす 

entry_img_92.jpg


それが避けられぬことならば、家族としては本人の意思を可能な限り
尊重し、少しでも多くのことをしてあげたいと考えます。

病院で最後の時を待つ祖母のため、この家族は病院と
かけあい、彼女と飼い猫が一緒に過ごすことが
できるように取り計らったそうです。

>>続きを読む

コスプレのレベル高すぎ! エキスポ会場にあらわれたアイアンマンがすごい

entry_img_91.jpg


アイアンマンと言えば、日本でも公開された実写映画が記憶に新しいですよね。
もともとはアメコミに登場するヒーローで、米国では未だ根強い
人気を維持しています。

海外で行われたアニメエキスポ(場所がどこかまでは分かりませんでした)
で撮影された、とあるファンのアイアンマンのコスプレ。
すばらしい出来栄えです。

>>続きを読む

自力で歩くことは一生叶わないと医者に告げられた男。リハビリによって奇跡の回復を遂げる

entry_img_90.jpg


彼の名前はアーサー・ブアマン。

湾岸戦争時に従軍し、空挺として何度もパラシュートによる降下を経験しましたが、
それが原因で背中と膝にダメージを受け、傷痍軍人として生きることを余儀なくされました。
医者には生涯歩行器具なしに歩くことはできないと言われ、ヨガのインストラクターたちも
さじを投げるばかり。
体重の増加に伴い、自主的な運動も不可能のように思えました。

そんなとき、ダイヤモンド・ダラス・ペイジという人物が開く
ヨガ教室についての記事を彼は目にします。

>>続きを読む

運転中のメールはホントに危険! それを教えてくれるユニークなドッキリ

entry_img_89.jpg


動画の最初は、こんな会話で始まっています。
「毎年、何千人もの人々が運転中のメールが原因で亡くなっているらしい」
「しかも、犠牲者のほとんどは25歳以下の若者なんだってさ」
「どうすれば、彼らに運転中のメールをさせないようにできるだろうか?」
「……実際に、一度運転中にメールをやらせてみてはどうだろうか?」

こんな下りで企画は始まります。

場所は教習所。
免許を取ろうと教習所に通う若者に対して、教官が一枚の紙を見せてこう言います。
「新しい法令ができるんだ。それは道路安全法についてのものだ。
 君の運転技術が確かなものであることを証明するため、君は運転中でも
 文章をメールで送ることができなくてはならない。免許を取るためには、
 この携帯電話テストを受けなくちゃならないんだ。携帯でメールを送りながら、
 障害物をよけて行ってくれ」

さて、生徒たちの反応は?

>>続きを読む

とあるYouTubeの動画が話題に。とにかく遊んでみてください。

entry_img_88.jpg


なにこれすごい……。
下に貼ったのが話題の動画です。

一人の猟師とクマが、2012年の誕生パーティーを祝って
いるのですが、突然隕石が空から降ってきます。
まあこれだけで結構面白おかしな動画なのですが、そこから視聴者を巻き込んだ驚きの展開に……。

>>続きを読む

大学進学のために自作のペンを売る少年。素晴らしい出来栄えです。

entry_img_87.jpg


父のワークショップで、自作のペンを作るアレックス君。
現在15歳なのですが、将来は医者になりたいとの夢を持ち、
高い大学の学費を賄うため、11歳の頃から自作のペンを作って売っているそうです。

木材の板から見事にペンを作り出す、彼の技術をご覧ください。

>>続きを読む

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。