スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この張り紙は全ての病院にないとダメだ! 病院の待合室にあった印象的な張り紙

entry_img_102.jpg


診察を受けに病院に行き、あまりにも長く待たされた、という経験はありませんか?
風邪などで苦しんでいると、時間の経過も遅く感じられ、
余計にイライラしてくるものです。

そんな時、こんな張り紙がしてあれば、少しは落ち着くことができるかもしれません。

adfawff4qa.png

・あなたが待たされているというのは、幸運なことです。
 それはつまり、あなたが死ぬようなことはない、ということを意味しているのです。
 あなたが本当に気にかけておかなければならないことは、ER(緊急救命室)
 に担ぎ込まれるような人も、いるという事実です。
 そして、そのような人々を、我々は優先しています。


総合病院などでは、休日にもなると多くの人が待合室でぐったり
しているのを見ることがあります。
自分が待っている間、もっと深刻な状態の人が治療を受けられているのだと
考えると、少しは気持ちも和らぐかもしれません。

とはいえ、それ以上に医師不足であることが、日本では深刻な問題であるかもしれませんね。
関連記事

コメント:

  だらーっ            : 2012/05/19 (土) 00:29:24 修正

この間、外科の外来で1時間待たされた。大ハンマーで左手をぐしゃぐしゃにして仕舞ったので
出血がかなり有り、バンドで手首を締め付けてズッと頭より上まで上げていた。
看護婦が「どうしましたー?手を上げっ放しで?」と聞いてきたので説明してあげるとなぜか
大騒ぎになった、其の後15~6人飛ばして診察と手術をして貰った。
・・・・待って居た他の人に、悪いことしたなぁ。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。