スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国で大量の「フクロウ」が放棄され問題に。 その原因とは?

entry_img_103.jpg


イギリスでちょっとした問題になっていることがあります。
ペットとして飼われていた「フクロウ」が、大量に放棄され
野生に帰っているというのです。

一体なぜそんなことが起きたのでしょうか?


この問題の背景にあったのは、イギリスの作家J・K・ローリング
の世界的ヒット小説、ハリー・ポッターでした。

昨年、原作最終章の実写映画が公開され、映画館へ足を運んだ方も多いのではないでしょうか。

そんな原作、映画中に出てくるフクロウ。
作品中でも特に印象に残る生き物の一つで、作品に憧れる子供たちに
フクロウをペットとして買い与える親も多くいたそうです。

しかしながら、原作・映画の完結とともに、ハリー・ポッター熱も
しだいに冷め始め、フクロウを違法に破棄する飼い主が増えてきた
と、イギリス紙The Daily Mirrorが伝えています。

マーケットに出回っていたのは主に海外種のフクロウのようで、
飼い主の手を離れた何百匹ものフクロウは、外の環境に順応できず
に餓死するか、または在来種の小型のフクロウのテリトリーを乗っ取り、
固有の生態系に影響を与える可能性があるということです。


専門家の話では、20年もの寿命を持ち、しかも餌にコストの
掛かるフクロウを飼育するには、熟慮が必要だということ。

どんな動物を飼うにしてもそうですが、やはり飼い主として、最低限の意識は持って欲しいですね。



http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/hundreds-of-pet-owls-abandoned-after-840299?mobile=false
関連記事

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


まとめwoネタ速neo : 2012/05/21 (月)

まとめtyaiました【英国で大量の「フクロウ」が放棄され問題に。 その原因とは?】

イギリスでちょっとした問題になっていることがあります。ペットとして飼われていた「フクロウ」が、大量に放棄され野生に帰っているというのです。一体なぜそんなことが起きたので... … >>この記事を読む

<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。