スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サミュエル・L・ジャクソンがスターウォーズ新シリーズへの再登場に意欲。「実は生きてたとかそんな設定にならないかな?」

entry_img_178.jpg


スターウォーズはエピソード6までで一応の完結を見ましたが、今年に入ってルーカスフィルムがウォルト・ディズニーに買収されたことを機にエピソード7の製作が決まりました。

そんな中、ジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥ役として新三部作に登場したサミュエル・L・ジャクソン。

彼が演じるメイス・ウィンドゥはエピソード3で暗黒卿ダース・シディアスとの激戦の末、味方のはずのアナキン・スカイウォーカーに片腕を切り落とされ、建物から落とされて命を落としたということになっていますが、本人は新シリーズへの復帰を望んでいるようです。

彼の再登場は、つまり死んだはずの人間が生きていた、という流れになるわけですが、本人はどう考えているのでしょうか?

彼はインタビューにこう答えています。


「(新シリーズの開始に)驚いてはいないし、さらにスターウォーズシリーズが続くことにすごく興味を持っている。例えば(旧三部作の第一作目である)エピソード4の始まりではオビ=ワン・ケノービは死んだことになっていたけれど、それは嘘の情報であったことが明かされ、実際に主要な人物の一人として登場している。そんな風に僕は既に死んだことになっているけれど、メイス・ウィンドゥにその後何があったのかを描写することで、カムバックできるんじゃないかと考えてるんだ。そうなれば、実は生きていた片腕のジェダイ騎士として登場できるんじゃないかとね」

「別に幽霊のような存在として登場してもいい。気にしない。ただ純粋にこのシリーズに参加したいんだ」


そこまでして自身をこのシリーズに参加させたい、と思うのはなぜですか? との問にサミュエル・L・ジャクソンは「単純にこのスターウォーズ・シリーズが大好きなんだ」と熱い心の内を語っています。


旧三部作から随分年月が経っていることもあり、新作ではキャストを一新することも考えられているようです。海外フォーラムでは「流石に無理があるのでは」との声が上がる一方、サミュエル・L・ジャクソンが熱心なスターウォーズ・シリーズのファンであり、演じていたメイス・ウィンドゥも重要なキャラクターで人気が高かったことから再登場を望む声も……。

そんなスターウォーズ最新作、エピソード7は2015年公開予定。


http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=97925
関連記事

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。