スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ホワイト企業] Googleの従業員が死亡するとその給料の半分が10年間配偶者に支払われる。

entry_img_195.jpg


仕事を選択するときの基準はどのようなものでしょうか?
自分に合った仕事であることはもちろん、給料や福利厚生、様々なことを考えるかと思います。ブラック企業という言葉がありますが、社員が辞めてしまうと企業も新たな社員を探すために多額の出資をせねばならず、被雇用者と雇用主の関係は潤滑でありたいところ。

米Googleは最近、自社の従業員が死亡した場合に、その社員の給料の半額を妻または夫に10年間支給するという制度を設けたそうです。

Google社と言えば、ランチ無料、自由に使えるジム・プールなど、社員に対して豪華なサービスを提供することで有名。この充実した環境から、米の優良な企業ランキングの常連でもあります。

Google社のスポークスマンによると設けられる制度はこれだけでなく、彼らの子供も19歳まで月約10万円を受け取る権利を得る、とのこと。「どんな社員の家族も、何か不測の事態に襲われた際には、守られなければならない。これは当然の制度と考えている」と語っています。

こういった制度を設けることは、より多くの有能な就職希望者を募ることにも繋がるでしょう。
ただしGoogle社は、それはあくまでこの制度の副作用であり、自社の利益のために設けたわけではないと語っています。

ちなみに、この制度が適応されるのは、現在のところ米社だけのようです。



http://mashable.com/2012/08/09/google-employee-death-benefits/
関連記事

コメント:

: 2013/01/21 (月) 09:50:56 修正

単純に羨ましいと思ってしまう。w

が、アメリカの行き過ぎた競争社会の歪を考えると、単純に羨ましいと判断してはいけない。
貴族・財閥・身分制度のなかで、日本人の特質と風土に合った健やかに過ごせる
日本に成って欲しい。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。