スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創業1428年という化物みたいな企業が日本にはあったらしい。 [海外の反応]

entry_img_216.jpg


日本には法隆寺を始め、各地に古い建物が残っています。
しかしその裏には、建物を見つめ続け、維持・修復に携わってきた人々の努力があり、彼らの歴史もまた長いものです。

2006年に事実上1400年以上の歴史に幕を下ろしてしまった、「金剛組」という建築会社の存在が話題になっていたので、海外掲示板からコメントを紹介。

(備考:株式会社金剛組(こんごうぐみ、Kongo Gumi Co.,Ltd.)とは日本の建設会社である。578年創業で世界最古の企業。創業から1955年の法人化を挟んで2005年まで金剛一族が経営してきたが、同年11月より髙松建設(現髙松コンストラクショングループ)の子会社へ移行している)


reddit

・今日学んだこと:日本には創業1328年の建設会社があり、2006年に倒産している。


・恥ずかしい……。


・俺もその言葉が浮かんできていたよ。
1000年以上も続いてきた歴史に幕を下ろす、その当事者が自分だと考えると辛い。


 ・君のは日本らしい考え方だな。
  家名に泥を塗るような失態を犯したり、あるいは自分にとっても耐え難い恥だと感じると、しばしば彼らは自殺することで事の落着を願う。1000年以上もたった1つの家がこの会社を存続させてきたんだ。この倒産は、その一族にとってどれほど辛いものだっただろうか? 俺には想像もできない。


・ここまでスゴイと「老いて死ぬには歳を取りすぎた」って感じだけどな。


・倒産間近のCEOは、どんな気持ちだったろうか……。


 ・それを考えると胃が痛くなってくるな。


・完全に解散したわけじゃなくて、金剛組は別の形で存続はしているよ。


・記事の方には1400年以上ってかいてあるけど?


・正しくは1428年だな。578年創業らしいから。
スレ主は算数を忘れてしまったらしい。


・ちょっと気になったんで、世界の古い企業リストを探してみたんだ。そしたら、リストのほとんどが日本企業だった。これは僕の考えだけど、やっぱり一族経営というのが、日本ではとても強い組織形態であるように感じられる。だからこそ、これほど多くの古い企業が残っているんじゃないかな。


・これほど古い企業なんだ。国の歴史を守る、という意味で政府が助成金を出してもよかったんじゃないか?


・平安時代以前から存続してきた企業があるとは、本当に信じがたい話だ。ヨーロッパが(様々な歴史が途絶えた)暗黒時代を迎えている最中も、彼らは黙々と仕事をこなしていたわけだ。


・最古の企業ってことで、もう一つ記事を見つけてきたよ。
 「法師」という名前の旅館が日本の石川県というところにあるんだが、これは西暦717年からあるらしい。世界最年長のホテルってわけだ。今も運営していて、ギネスレコードにも載っていた。


・あの国は信じがたいほど沢山の、古く美しい建物が残っている。
 古い建物の案内文なんかを見ると、「この修道院の起源は西暦700年にまで遡りますが、元の建物は残念ながら火事で消失してしまいました。そのため、現在のこの建物は西暦950年に建て直されたものです」みたいなことが普通に書いてある。
 マジで信じられん。




関連記事

コメント:

  : 2013/04/04 (木) 21:44:44 修正

法師より慶雲館(山梨県)の方が古い

- : 2013/04/05 (金) 23:21:10 修正

どこの修道院の話だろう。
修道院といっても寺か神社だろうけど。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。