スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1994年に起こった、歴史上もっとも不可思議なサッカーの試合。 バルバドス対グレナダ

entry_img_99.jpg


我々が普段目にするサッカーの試合では、勝者とはより多く“敵の”ゴールに
点を入れたチームであると考えます。そして、実際多くのチームが求めるものとは、
いかにそれを実行する能力において、相手より優れることができるか? というものでしょう。


1994年、シェル・カリビアン・カップという大会でのバルバドスVSグレナダの一戦。
この試合では、そんな全ての考え方がまるで逆転したかのような、不思議な出来事が起こりました。





1994年、シェル・カリビアン・カップ。バルバドスVSグレナダ

大会の決勝トーナメントへの進出をかけた両者の一戦。
得失点差の関係で、バルバドスが決勝トーナメントに進むには、
グレナダに対して2点差以上のスコアをあげて勝利する必要がありました。

この大会では、延長についてゴールデンゴール方式(延長で一方のチームが得点した場合、
その場で試合を打ち切り、その得点を入れたチームを勝者とする)が採用されていましたが、
もしこの方式で延長を迎えるのであれば、バルバドスが決勝へ進む可能性はなくなります。
なぜなら、同点のまま延長に進み、バルバドスがゴールを決めたところで、得点差は1にしか
ならないからです。

しかしながら、大会の主催者たちはここで全ての元凶となった、とあるルールを加えてしまいました。
それが「延長でのゴールデンゴールは2得点としてカウントする」というもの。
これで例え延長に進んでしまっても、バルバドスが得点することができれば
決勝トーナメントに進めるというわけです。

これだけでかなり変な話ではありますが、本題はここから。

試合が始まり、バルバドスは早いうちに得点。スコアを2-0とし、リードします。
しかしながら後半にグレナダが盛り返し、得点。
残り時間7分を残してスコアは2-1。

バルバドスが残り7分でもう一点取らなければ、試合には勝てても得点差を2にすることはできません。
ですが、守りを固めているグレナダを見ると、それは非常に困難なことに思えました。
そこでバルバドスチームは別の選択肢を選ぶことにしました。
ボールを持ったバルバドスの選手は、自陣のゴールにそのボールを叩き込んだのです。

オウンゴールにより、これでスコアは2-2。
残り数分でもう一点決めるよりも、ゴールデンゴールで2点を得られる延長戦に持ち込もうとしたのです。

実際これは正しい判断に思えましたが、グレナダチームもようやく状況を理解しました。
今度は、ボールを持ったグレナダ選手が、突如自陣のゴールへと向かったのです。

グレナダチームは、得失点差が2以上にならなければ決勝に進めるので、自分で
オウンゴールを決めてしまえばスコアは3-2。危険な延長を回避し、このまま
決勝トーナメントに進むことができます。

しかしこれを読んでいたバルバドス選手は、オウンゴールからグレナダゴールを守るために猛ダッシュ!
何とかして同点で延長を迎えるために、バルバドスの選手は自陣のゴールを守りつつ、
しかも敵のゴールをも守ったのです。これは本当に奇妙な光景だったでしょう。

結局、バルバドスは両方のゴールを守りきり、試合は延長に突入。
延長開始わずか4分で、バルバドスが今度はきっちりグレナダゴールにボールを叩き込み、
決勝トーナメントへ駒を進めました。


どちらのゴールを攻めればいいのか、選手たちは随分困惑したことでしょう。

試合後、グレナダのマネージャーはこう語っています。
「こんなのはずるいよ。このルールを思いついた奴は頭が狂っているに違いない。――これほど多くのプレーヤーが混乱した状態で、試合が行われるなど、あってはならぬことだ。私たちの選手は、どちらのゴールを攻撃するべきかさえ、混乱して決めれなかった。サッカーというのは、敵のゴールにボールを入れて勝利する競技じゃないか」

全く正論ですね。
とはいえ、一方のバルバドスは見事な頭脳プレーをみせた、とも言えます。
こんな事態を招いた主催者は、猛省したことでしょう。


この試合のビデオ



http://bleacherreport.com/articles/74831-barbados-vs-grenada-in-94-the-most-bizarre-match-ever
関連記事

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


まとめwoネタ速neo : 2012/05/15 (火)

まとめtyaiました【1994年に起こった、歴史上もっとも不可思議なサッカーの試合。 バルバドス対グレナダ】

我々が普段目にするサッカーの試合では、勝者とはより多く“敵の”ゴールに点を入れたチームであると考えます。そして、実際多くのチームが求めるものとは、いかにそれを実行する能... … >>この記事を読む

<<前の記事へ 次の記事へ>>

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング
ご案内
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。